研究室について

研究室の活動

持続可能に安全な食料を提供するためには, 生態系の修復と保護が必要です。 研究室は, (1)藻場生態系の健全性を評価するための技術開発と (2)藻場生態系の修復と保護に必要な基礎研究を中心に行っています。 生物多様性の高い沿岸域の修復と保護に興味のある学生はぜひ連絡してください。
7割の活動はフィールドワーク(野外調査)ですので, 毎月潜ります。 その他の活動はラボ(栄養塩解析, 光合成の実験, 海藻の種苗生産など)とデータ解析です。 調査拠点は長崎(新上五島町・小値賀町・大村湾)・沖縄(琉球大学の田中先生との共同研究)・宮城県松島湾(理研の佐藤さんとの共同研究)です。 調査内容は海藻の個体群調査, 藻場生態系の環境観測, ブルーカーボンの評価, モゾク・ワカメ・ノリ養殖についての研究がメインな研究活動です。 現在の研究室のメンバーは, 藻場構成種の放卵時期の予測, 藻場に生息する魚類群集の季節変動, 付着微細藻類の生態学的研究, 植食生動物と海藻の相互関係の研究に夢中です。 今年はコロナウイルスの影響でなかなか学会発表ができていませんが, 国内・国外における研究発表は積極的に行っています。 さらに, 研究室のメンバーは学生向けの研究助成金を何度もあたっています。

藻場生態系海藻

日本では, いそやけが進んでいて, いそやけのような現象は世界中におきています。 植食生成物が大量に増えたのがいそやけの主な原因だと考えられています。 私達はいそやけをおこす課程と生態系が回復する課程の研究に取り組んでいます。

ブルーカーボン

海洋生態系が固定する炭素は Blue carbon と呼ばれるようになったのは最近のことです。 水産学の視点からブルーカーボンをどのように考えるのか, どのように観測するのかについて も研究しています。

次世代海藻養殖

我が国の海藻養殖は今後どうなるのでしょう。現在海藻養殖の技術は 50 年以上も 変わっていません。温暖化が進むなかで, 次世代の海藻養殖に必要な技術の開発や 新たな海藻資源の発掘に挑戦しています。

研究室メンバー

Gregory N. Nishihara

教授

鹿児島大学連合農学研究科(2004 PhD), University of Hawaii at Manoa (1996 BSc)。 2018 Marine Pew Fellow, 詳細は researchmap へ https://researchmap.jp/nagaremo

日野出賢二郎

ポスドック

私は微細藻類の研究をしています。主に沿岸域の植物プランクトンや 海草・海藻に付着する珪藻類の生態について研究をしています。 肉眼では見ることが出来ない彼らの生き様を探求する研究です。

BELLEZA Dominic (ドム)

博士後期課程 (D2)

ウニは捕食されそうになると, 思う以上の速さで逃げます。 ウニの行動を変えることだけで, 海藻を食べる頻度を減らせるかもしれない。 私はこのような現象を研究して, 藻場を保護しようと思っています。

浦江壮志

博士前期課程 (M2)

藻場に生息している魚類群集について研究をしています。 海藻の有無や植生の違いによって魚類群集がどのように変化するのか調べています。 毎月潜って魚類と藻場の観察を行っています。

谷前進一郎

博士前期課程 (M1)

潮下帯の海藻群落に対して流動環境がどのように影響しているのかを調べています。 同じ水深でも流動環境が異なると, 構成種や体の大きさに違いが見られます。

我部山真

海洋生産管理学コース (B4)

アマモ場周辺の海底ごみの組成と分布について調査しています。 毎月, スキンダイビングで海底ごみの回収をしています。

松室重孝

海洋環境科学コース (B4)

長崎県大村湾の枝湾である形上湾で, アマモ場の分布状況の調査と水深・水温・光量といった環境要因が, 形上湾のアマモ場に及ぼす影響について研究しています。

立石裕人

海洋環境科学コース (B4)

アッケシソウは, 陸上養殖の排水処理に利用できると期待しています。 まずは, 塩生植物であるアッケシソウの発芽条件について研究しています。

卒業したメンバー

日野出 賢二郎

2021 (PhD)

井上 幸男

2020 (PhD), 2017 (MS)

紙崎 星美

2020 (MS), 2018 (BS)

Belleza, Dominic

2020 (MS)

浦江 壮志

2020 (BS)

日高 幹也

2020 (BS)

大崎 幸一

2019 (MS)

松田 悠平

2021 (MS), 2019 (BS)

畑田 菜緒

2019 (BS)

河手 梓

2021 (MS), 2019 (BS)

松尾 彩音

2018 (MS)

才津 真子

2017 (MS), 2015 (BS)

小島 康平

2016 (BS)

古賀 愛梨沙

2015 (BS)

李 雪娜 (Li, Xuena)

2015 (Shanghai Ocean University 交換留学生)

木村 竜太郎

2014 (MS), 2012 (BS)

岡村 琴江

2014 (BS)

山田 千瑞

2012 (BS)

もっと知りたいなら、連絡してください。

連絡先